もし気に掛けて下さる方がいれば、無理のない範囲で治療のためのご寄付をどうかお願いいたします。